×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

口臭の程度を自分で把握しよう

口臭は老若男女問わず、非常に深刻な悩みの1つです。口臭が気になるからという理由で、人と会話をするのが怖いという症状になる人までいるほどです。
口臭予防には様々な方法がありますが、まずは自分の口臭がどの程度なのか口臭チェッカーなどで調べてみるといいでしょう。市販で売られている口臭チェッカーは、息を吹きかけるだけで自分でも簡単に口臭の程度を知ることが出来ますから、その結果を見てから口臭予防をしてもいいかもしれません。
口臭は意外と本人が思っているほど臭っていない場合もあります。自臭症といって、本当は口臭予防などする必要がないのに「自分は口臭がひどい」と思い込んでしまう病気があります。口臭チェックは、朝起きてすぐのときが1番臭いがきつい時ですから、ビニール袋などに息を吹きかけてにおいを嗅いでみてもいいでしょう。
口臭予防には、漢方薬の中にも効果があるものがあります。口臭予防に効果のある漢方薬としては、やせ型の人におすすめな加味逍遙散(かみしょうようさん)、体力のある人におすすめな黄蓮湯(おうれんとう)などがあります。口臭予防のために漢方薬を用いる場合は、口臭の程度やそのときの体の状態によっても効果の差がでてしまうので、まずは販売しているお店で相談をしてから購入するようにしましょう。

口臭予防にはまず、体質改善から

口臭予防にはまず、口臭を起こしやすい体質を改善することから始める必要があります。口臭の原因には多量の飲酒や喫煙、睡眠不足、栄養の偏った食生活など、普段の生活が影響を及ぼすものが多いので、口臭予防のためにはまず、不規則な生活を改める必要があります。
口臭予防に多量の飲酒が良くない理由としては、アルコールというのは摂取した後に体の中の血液を循環して、肺を経由した後に臭いとして吐き出されるので、いくら念入りに歯磨きをしても口臭の対策にはならないのです。にんにくなど臭いのきつい食べ物を摂った後も口臭がきつくなりますが、飲酒と共に一時的なものなので、さほど心配する必要はないですが、デートの前などに口臭予防したいなら、前日に多量の飲酒をしたり、にんにくなどを摂ることは避けたほうがいいでしょう。
口臭予防として、睡眠不足にならないように早めに布団に入ることが大切です。睡眠不足になると、口の中の唾液の量が減るのと同時に雑菌が繁殖しやすい環境になるので、口臭を招きやすい状態になります。
又、近年の若い人の間ではコンビニなどの添加物の多い食事を多く摂ったり、朝ご飯を食べない人も増えていますが、口臭予防のためには栄養バランスの取れた食事を摂り、朝ご飯もしっかりと食べて唾液の分泌を促すことが必要です。

口臭予防の手軽な方法

口臭というのは本人はなかなか自覚しずらいものですが、一度気にしてしまうと人と話をするのがつらくなるほど落ち込んでしまうケースもあるほどです。口臭予防として、ドラッグストアなどで販売されているもののなかに、口臭タブレットや口臭スプレーなどがあります。
口臭予防に効果的とされる口臭タブレットには、噛むタイプのものとなめるタイプのものがあります。口臭タブレットに用いられる成分には、カテキンやフラボノイド、ハーブ、ミントなど消臭成分が含まれているものがほとんどです。口臭予防として使用される口臭スプレーは、ほとんどが「マスキング」といって他の臭いを用いてカバーするタイプのものですが、中には臭いの成分の分子そのものを分解するタイプのものがあります。
口臭タブレットや口臭スプレーは、携帯に便利なので、デートのときや会議のときなど人と接するときにはカバンに入れて持ち歩き、手軽に口臭予防に努めましょう。
口臭タブレットや口臭スプレーというのは、効果の持続が2〜3時間程度と一時的なものなので、本来の口臭予防にはなりません。しっかりと口臭対策をしたいのなら、日々の食生活を改めたり、不規則な生活を正すことから始めましょう。

Copyright © 2008 口臭予防のために体質改善